おいふぉりーのぶろぐ

きっと趣味のブログに違いないです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TeXlipseの使い心地

Eclipse導入の記事の続きといった感じですが、EclipseのTeXlipseプラグインの使い心地についてテキトーに紹介します。



▲TeXlipseの概観(文書の内容はレポートだったりするけど、気にしないってことで)

まず、使っていて最初に便利だな~と思ったことは、TeXの命令の補間機能です。’¥’を打つと命令の一覧が出てきます。


ただ残念なことに、すべての命令が表示されるわけではないようです。パッケージ使用の有無によって、使える命令が異なってくると思うので、すべての命令と一概に言えないような気もしますけどね。。。要は、補間されない命令もけっこうありますよってことです。
さらに、使っていて便利だナァ~と思ったのは、相互参照するときにラベル名の補間が効くことです。


私は、ラベル名に長ったらしい名前をつけてしまうので、この補間機能にはかなりお世話になりそうです。ただ、これも欠点があって、図や表のキャプションに設定したラベルはうまくいくのですが、小節(subsection)とかに設定したラベルは(TeXlipseの内部処理で)補間候補として登録されないらしく。相互参照したときに、補間候補として出てこないどころか、自分で直接書くと”ラベルが定義されていない”と警告マークが出てしまいます(これはTeXの警告ではなく、TeXlipseが編集中にリアルタイムに行う構文チェックの警告です)。もちろん、コンパイルは問題なくできるのですが、なんだか気持ち悪いですよね。
あと、以外と便利だなと思ったのは、行番号の右に表示されている(+)や(-)をクリックすることにより、環境を丸ごと非表示にできることですね。自称プログラマーな私にとって、どうもTeXのソースコードが見づらいというか、ごちゃごちゃして分かりづらいので、書き終えた部分は非表示にしていくと比較的分かりやすくなります。

便利だと思ったのはだいたいこんな感じです。不便なことは?って、とりあえずそれは置いておきましょう。TeXlipseのバージョンはまだ1.0.4なので、正直細かいところがまだまだって感じです。開発者の皆さんに期待しましょう。



http://texlipse.sourceforge.net/
TeXlipseのホムペです。
  1. 2005/12/29(木) 00:01:27|
  2. ソフトウェアTips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<回路図、ソースコードをアップしました | ホーム | ”SPX改悪版”についてです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tm86eublog.blog42.fc2.com/tb.php/8-4fc253a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客数

プロフィール

Euphorie

Author:Euphorie
"おいふぉりー"って呼んでくださいな☆
ハードウェアとかソフトウェアとかの開発に興味があったり。。。
連絡先は上の画像。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。