おいふぉりーのぶろぐ

きっと趣味のブログに違いないです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[玄箱T4]ファイルサーバーSambaの設定

Sambaの設定をします.玄箱では,デフォルトでインストールされていて,サービスの起動の設定もされています.

1. Sambaのユーザーの追加

ホームディレクトリを Samba でアクセスできるようにするので,Linuxのアカウントを追加していないときは, adduser コマンドで次のようにユーザーを追加してください.

# adduser ユーザー名
Adding user `XXX' ...
Adding new group `XXX' (1000) ...
Adding new user `XXX' (1000) with group `XXX' ...
Creating home directory `/home/XXX' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
Changing the user information for XXX
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []:
        Room Number []:
        Work Phone []:
        Home Phone []:
        Other []:
Is the information correct? [Y/n] y

Samba のユーザーは Linux のアカウントとは別に管理されているそうなので,次のコマンドでユーザー名と,パスワードを設定します.

# smbpasswd -a ユーザー名
New SMB password:
Retype new SMB password:

2. 設定ファイル /etc/samba/smb.conf の編集

次のように設定ファイル /etc/samba/smb.conf を修正します.
・ワークグループ名(workgroup).
・ホスト名(netbios name).
・接続を許可するIPアドレス.ここでは,192.168.1. または 127. ではじまるIPアドレスのみ許可します.
・文字のエンコードの設定.玄箱では UTF-8,接続側 (Windows) では CP932とします. ・ホームディレクトリへの書き込みを許可します.

[global]
   workgroup = ワークグループ名
   netbios name = kurot4
   hosts allow = 192.168.1. 127.
   dos charset = CP932
   unix charset = UTF-8
   display charset = UTF-8

[homes]
   read only = no

testparm コマンド (testparam ではないことに注意!) で設定ファイルが正しいことを確認した後, Samba を再起動します.
# testparm /etc/samba/smb.conf
# /etc/init.d/samba restart

3. システム ロケールを日本語に変更

玄箱のシステムはデフォルトで日本語になっていないので,変更します.

# dpkg-reconfigure locales
実行すると,ncurses的な擬似GUI画面が出てくるので,"ja_JP.UTF-8 UTF-8"にチェックを付けて OK します.
さらに,システムのデフォルト ロケールの選択画面で,UTF-8を選択して OK します.

ここで設定したデフォルト ローケルは /etc/default/locale に書き込まれます.

このままだと,ターミナルではまだ日本語を使えないので,ホームディレクトリの設定ファイル .profile を次のように修正します.

#LANG=C
#LANGUAGE=C
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=ja_JP.UTF-8

使っている SSH クライアントも UTF-8 を選択します.私は PuTTYjp を使っていますが,[ウィンドウ]-[変換]の文字コードの変換の設定を, EUC-jp から UTF-8 に変更します.

参考資料

1. ももすけさんのマイノート
2. Sambaの基本設定 - Homeserver on Vine Linux
3. Sambaの設定 | Samba講座 [Smart]
4. 第08回 「ロケールを正しく設定する」 - LANDISK HACKING DIARY

  1. 2010/06/28(月) 02:02:26|
  2. サーバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[ODE]ODE を Visual Studio 2010 で使う | ホーム | [玄箱T4]RAID1を構築する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tm86eublog.blog42.fc2.com/tb.php/251-8d53f28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客数

プロフィール

Euphorie

Author:Euphorie
"おいふぉりー"って呼んでくださいな☆
ハードウェアとかソフトウェアとかの開発に興味があったり。。。
連絡先は上の画像。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。