おいふぉりーのぶろぐ

きっと趣味のブログに違いないです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[玄箱T4]RAID1を構築する

玄箱T4でRAID1(ミラーリング)を構築します.玄箱では,Linuxカーネルのソフトウェア RAID ドライバを利用します.とりあえず,エラーが出ているHDDも使いまわすことにします.金銭的余裕が出来たら,2TBのハードディスクに置き換えようかなと.

1. ハードウェアの準備

まず,ハードウェアの方ですが,現在1番のケーブルにのみHDDを接続し,Linuxをブートしている状態です.2番のケーブルにもHDDを接続します.玄箱T4は,4台までHDDを取り付けられるスペースがあるので,隙間のあるうちは,より熱がこもりにくいように,1番と3番の場所にHDDを取り付けました.

さて,色々設定をする前に,玄箱ではGPTというパーティションテーブルを使用していること,パーティションは fdisk でなはく parted で編集することを頭に入れておきましょう.基本的な設定の流れは,ももすけさんのマイノートを参考にさせていただきました.

2. parted のバグの対処

最初にパーティションの設定をしなければならないわけですが,どうも玄箱にインストールされている parted は,バグ持ちらく,アサーションが発生することがあります.そのとき "Ignore/Cancel?" で "i" を入力して無視すれば一応使えるようですが,気持ち悪いので修正します.この問題に関しては,sahd さんが"PowerPC上のpartedでGPTを使ってる場合に遭遇する事象に対処 - 個人的まとめ@RentalWiki"で対処法を公開されているそうなのですが,リンクが切れていたので,【玄箱】疑問・質問・雑談用スレッドの57番に張っていただいたリンクから,次の2つのファイルをダウンロードしました.

libparted1.8-10_1.8.8.git.2008.03.24-11.2_powerpc.deb
parted_1.8.8.git.2008.03.24-11.2_powerpc.deb

これらのファイルをインストールします.これで,アサーションは発生しなくなりました.
# dpkg -i libparted1.8-10_1.8.8.git.2008.03.24-11.2_powerpc.deb
# dpkg -i parted_1.8.8.git.2008.03.24-11.2_powerpc.deb

3. parted によるパーティションの設定

気をとりなおして,パーティションを設定します.まずは,ブートしているHDD(/dev/sda)を設定します.玄箱のインストーラは,先頭の 7.6GB に, /boot, /(ルートディレクトリ), swapの3つのパーティションを作成するようで,残りの部分(7680MB以降)を割り当て,RAIDフラグをセットします.

# parted /dev/sda
(parted) mkpart
Partition name? []?
File system type? [ext2]?
Start? 7680
End? -1
(parted) set 4 raid on
(parted) quit

次に,追加したHDDのパーティションを /dev/sda と同様に切ります.
※/boot,/(ルートディレクトリ)はミラーリングしません.

# parted /dev/sdb
(parted) mklabel gpt

(parted) mkpart
Partition name? []?
File system type? [ext2]?
Start? 17.4kB
End? 512MB

(parted) mkpart
Partition name? []?
File system type? [ext2]?
Start? 512MB
End? 5632MB

(parted) mkpart
Partition name? []?
File system type? [ext2]?
Start? 5632MB
End? 7680MB

(parted) mkpart
Partition name? []?
File system type? [ext2]?
Start? 7680MB
End? -1

(parted) set 4 raid on
(parted) quit

4. パーティションの確認

# parted /dev/sda print
Model: ATA Hitachi HDS72161 (scsi)
Disk /dev/sda: 165GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number  Start   End     Size    File system  Name   Flags
 1      17.4kB  512MB   512MB   ext3         /boot
 2      512MB   5632MB  5120MB  ext3         /
 3      5632MB  7680MB  2048MB  linux-swap   swap
 4      7680MB  165GB   157GB                       raid

# parted /dev/sdb print
Model: ATA Hitachi HDS72161 (scsi)
Disk /dev/sdb: 165GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number  Start   End     Size    File system  Name  Flags
 1      17.4kB  512MB   512MB
 2      512MB   5632MB  5120MB
 3      5632MB  7680MB  2048MB  linux-swap
 4      7680MB  165GB   157GB                      raid

5. ソフトウェア RAIDの構築

まず,ソフトウェア RAID の管理ツールをインストールします.
# apt-get install mdadm

/dev/sda4 と /dev/sdb4 をミラーリングした /dev/md0 デバイスを作成します.
# mdadm --create /dev/md0 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sd[ab]4

ブート時にミラーリングが有効になるようにします.
# mdadm --detail --scan >> /etc/mdadm/mdadm.conf

ちなみに,mdadm --detail --scanの出力は次のようになっているようです.
# mdadm --detail --scan
ARRAY /dev/md0 level=raid1 num-devices=2 metadata=00.90 UUID=d9fb001e:3d3d6ecc:80cf0a07:b18219cf

作成した /dev/md0 を ext3 でフォーマットします.このとき,予約ブロックを 1% に設定して,多くの容量を利用できるようにします.
# mkfs.ext3 -m 1 /dev/md0

6. ホームディレクトリへのマウント

/home にミラーリングしたデバイス /dev/md0 をマウントして使うことにします.

一時的に,/mnt/tmp に仮マウントし,ホームディレクトリの内容をコピーします.
# mkdir /mnt/tmp
# mount /dev/md0 /mnt/tmp
# rsync -av /home/ /mnt/tmp/
# umount /mnt/tmp
# rmdir /mnt/tmp

ブート時に自動でマウントされるように,/etc/fstab に次の内容を追加します.
/dev/md0 /home ext3 defaults 0 0

7. マウントの確認

再起動し,
# mount
を実行した結果に,
/dev/md0 on /home type ext3 (rw)
という行があることを確認します.でけぇたぁ-.

参考資料

1) GUIDパーティションテーブル - Wikipedia
2) ももすけさんのマイノート
3) GNU Partedの使い方
4) GNU parted - Parted User's Manual
5) MDADM man page
6) Linuxファイルシステムを最適化する - SourceForge.JP Magazine
7) HDDを2台追加してRAID 1を構成するには - @IT

  1. 2010/06/26(土) 12:39:03|
  2. サーバー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<[玄箱T4]ファイルサーバーSambaの設定 | ホーム | [玄箱T4]ネットワークの設定とかNTPとか(せんせーっ!viエディタの使い方がわかりませーん)>>

コメント

mdadm: metadata format 00.90 unknown, ignored.
が出てしまう解決方法 → こちらを参考に
http://blogs.yahoo.co.jp/wine100per/38395650.html

  1. 2011/06/22(水) 05:30:04 |
  2. URL |
  3. EUPH #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tm86eublog.blog42.fc2.com/tb.php/250-e679ab5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客数

プロフィール

Euphorie

Author:Euphorie
"おいふぉりー"って呼んでくださいな☆
ハードウェアとかソフトウェアとかの開発に興味があったり。。。
連絡先は上の画像。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。