おいふぉりーのぶろぐ

きっと趣味のブログに違いないです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PICのしょ~もないバグとか、BoostのSpiritとか、印刷とか

ここ数日の出来事をつらつらと~

まずはPIC。リセットに関するお話。
PICを2つ使ったシステムを組んでるんですが、親PICは電源が常に入りっぱなしだけど、子PICの電源は親PICによって制御され、それぞれのPICはSPIで接続してます。ここで、発生した問題は子PICの電源をON/OFFしまくると時々子PICのリセットがうまくかからなくなるということ。
結論から言ってしまうと、親PIC側で子PICの電源をOFFにしたとき、SPIの信号線レベルをHにしっぱなしだったので、Hレベルの信号(5V)が子PICのポート入力部についてる保護ダイオード(入力ピンからVCCに抜ける)を通って子PICの電源ラインに中途半端な電位(2、3Vくらい?)を供給してしまっていることが原因と推定されました。子PICのリセット回路ははMCLR端子にRCをつけた単純なものですので、電源OFF時に中途半端な電位が残ってると、電源をONにしてもうまくリセットが働かなくて誤動作をしてしまったようです。

PIC、其の弐。我ながら、スゴイもの(バグ)を作ってしまったようです。
私は、PICの開発をするときはUSBシリアルのモジュールを使ってデバッグポートとしています。で、ディップスイッチの入力部分にバグがあることが判明、状況によってスイッチから読み取る値が異なるって現象が発生しました。状況によってというのは、いろいろ試してみるとデバッグ用のUSBシリアルモジュールをつなぐと正常に動作するが、つながないと入力値が全部0になることが分かりました。
あ゛、もしかして。手配線した回路をよく見たら、スイッチの部分のプルアップだけ、USBシリアルのモジュール側から電源をとってる。という、かな~りアホなものでした。まあ、原因が分かってよかった☆。

お次は、BoostのSpritと印刷について。
この前買った例のBoostの本ですが、そこそこ読み進めてSpiritの部分を読んでます。Spiritってのは、C++のソース中にEBNFっぽいものを書いて動作させるパーサーです。前々から色々うわさは聞いてて、前にもSpiritのサンプルソースをみたことあったけど、うんスゴイと思う。というか、例の本だけではいまいちよくわからんな。ってことで、ユーザーガイド(英語)を読んでみるが、やっぱ英語は読むの時間かかるし疲れるなってことで、ユーザーガイド(日本語翻訳版)を読もう。正直、英語のデータシートとか読むのは苦痛じゃなくなってきたけど、完全に新たな概念的なものを英語で摂取しようとするとはキツイな~。

そんなわけで、Spiritの日本語翻訳の方を印刷しておこ。ところで、みなさんHTMLの文書を印刷するときどうしてます?正直、こーゆードキュメントってリンクでつながった複数のWebページになってるから印刷するのメンドイですよね。なんか、いいツールあったら教えてほしいです。私の、今回使った手段↓
1. IEでドキュメントのトップページを印刷。「印刷」ダイアログの「オプション」で「リンクドキュメントをすべて印刷する」チェックボックスをON。「プリンタの選択」は「Primo PDF」で、PDFファイルとして印刷。
かな~り荒業ですんで、やたら処理が重くなります。おまけにやってから気づいたんですが、IEで「リンクドキュメントをすべて印刷する」をすると、リンクされてるすべてWebページがそれぞればらばらにスプールされるんで、Primo PDFでそれぞれのWebページごとに名前をつける羽目になります。Spiritの文書を印刷したら40ファイル以上名前を付けさせられた。。。(途中でやめらんないし)
2. お次は、大量に作られたPDFファイルを必要な分だけ正しい順番に、iTextFrontで連結。
3. 連結してできたPDFファイルを印刷。んで、あいかわらず印刷部数を減らすために(ミスること多いくせに)、プリンタドライバの設定で両面印刷(手動)を選択。今日は途中までは順調だったんですが、あいかわらずミスった。裏面を印刷するときにミスって上下間違った。あ゛~、表と裏で上下逆さに印刷~。10部ほど印刷して気づいたんですが、再印刷めんどいし、インクもったいない。
と言う感じで、印刷も一苦労です。
  1. 2006/09/25(月) 19:28:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンパイラが落ちた | ホーム | 最近の日常>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tm86eublog.blog42.fc2.com/tb.php/141-12b703ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客数

プロフィール

Euphorie

Author:Euphorie
"おいふぉりー"って呼んでくださいな☆
ハードウェアとかソフトウェアとかの開発に興味があったり。。。
連絡先は上の画像。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。