おいふぉりーのぶろぐ

きっと趣味のブログに違いないです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パーティションのコピー・バックアップの仕方

やっと、システムパーティションの移動が完了したので、その覚書です。実質的な時間はほとんどかかっていないんだけど、いろいろ試行錯誤に時間がかかった。今回、有料ソフトは一切使っていません。

手順は以下の通り
1. 使用するツールを準備する。
 Partition SavingFreeDOS(ISOブートイメージ)をダウンロードしてくる。ここで、Partition Savingはフロッピーに、FreeDOSはCD-R書き込む。

2. システムパーティションのコピー先のパーティションを作る。
コピー先のパーティションはフォーマットする必要はないが、Knoppix上のfdisk等でパーテーションID(FAT32とかNTFSなど)をコピー元のパーティションと同じにする。また、今回はシステムであるのでアクティブフラグをセットする。コピー先のパーティションのサイズは、コピー元の使用しているセクタの数より多ければよいはずであるが、今回はうまくいかなかったので、コピー元と同じサイズのパーティションを作成した。

3. パーティションとMBRのコピー
FreeDOSのCD-Rからブートする。ブートしたらフロッピーからPartition Savingを起動。起動後の選択肢は"Copying an element"-(コピー元のドライブ)-(コピー元のパーティション)-"occupied sectors"-(コピー先のパーティション)とした。この後、コピーが開始され私の場合使用容量16Gバイトの80Gバイトのパーティションが11分程度でコピーされた。この後、もう一度Partition Savingを起動して同じ要領(コピー元のパーティションの代わりにMBRを選択するだけである)でMBRもコピーする。

以上でパーティションのコピーは完了です。MBRも復旧しているので、BIOSでブート用のHDDの選択を変更すれば、コピー先のパーティションから起動できるでしょう。


参考資料
Partition Savingで行うシステムバックアップ その1 ~前準備~
Partition Savingで行うシステムバックアップ その2 ~バックアップ実施~
Partition Savingで行うシステムバックアップ その3 ~パーティション構成の変更~
Partition Savingで行うシステムバックアップ その4 ~リカバリ実施~
Partition Savingで行うシステムバックアップ その5 ~TIPS・まとめ~


ついでに思いついた、Windowsネットワークの共有の共有フォルダにパーティションをバックアップする方法について
今回使用したPartition SavingとFreeDOSに加えて、Workgroup Connectionというのを使うとネットワーク先にパーティションデータをそのままバックアップできる予感。
Workgroup ConnectionはDOS上でWindowsネットワークの共有フォルダにアクセスする手段をて提供してくれます。MS製ですが、ここからダウンロードできるようです。
今回はしませんでしたが、FreeDOSのブートイメージをリマスタリングして、Partition SavingとWorkgroup Connectionと、たぶん必要になる各マシンごとのDOSのLANドライバを追加したイメージを作っておくとバックアップに重宝するような気がします。


どのくらいHDDの性能が上がったが試してみる。
ベンチマークってなに使ったらいいかわかんないので、とりあえずHDBENCHにより測定。
とりあえず、新しくRAID0を組んだ2のPCの結果はこれ↓
hdb_tmmainpc.png
う~ん、比較対象がないと速いのか遅いのかわからんってことで、今メインに使っている1のノートPCの結果がこれ↓
hdb_tmnotexp.png
とりあえず、新しくしたほうが6倍くらい速いらしい。てか、ノートPC遅っ、きっとフラグメンテーションの威力が発揮されてるんですね。
ここで、HDBENCHのランキングとかやってる。
  1. 2006/08/19(土) 15:25:33|
  2. ソフトウェアTips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんなの作ろうかしら☆ | ホーム | システムのお引越し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tm86eublog.blog42.fc2.com/tb.php/132-db90886e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来客数

プロフィール

Euphorie

Author:Euphorie
"おいふぉりー"って呼んでくださいな☆
ハードウェアとかソフトウェアとかの開発に興味があったり。。。
連絡先は上の画像。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。